買ってはいけない土地とは?

買ってはいけない土地マイホーム購入のポイント

土地を買って家を建てる場合、地盤調査は当たり前だと思いますが、

その結果だけで、本当にいいのかな?

と最近、思うようになりました。

というのも、私の実家(今は空き家)がある団地に、

今、ぞくぞくと新築の家が建てられているからです。

 

 

スポンサーリンク

宅地造成がいい加減・・・

まず、宅地造成がすごく、いい加減です。

普通、新築の分譲地というのは、

道路がきちんと整備されていて、敷地の区画も明確にしてある。

これが普通です。

 

ところが、道路も作っていない、敷地の区画も不明瞭、

もっと言うなら、山を切り崩して、少し平らにならしただけにしか見えない場所に、

新築が何軒も建ち始めているんです。

 

それを見るにつけ、?????になってしまうのは、

多分、私だけではありません。

実際、私が知っている職人たちも、皆口を揃えて同じようなことを言います。

 

そもそも。

この土地に家を建てる人っていうのは、

当然、現地を見に来ていると思うんですよ。

なのに、こういう土地でもGOサインを出してしまう。

これって、何かカラクリがあるんでしょうか?

 

地盤は確かに固い

確かに、地域的に見て、地盤は固いんです。

でも、地盤が固いからって、

適当に造成した土地に、すぐに家を建てる。

ここが、私達には気になって仕方がありません。

 

雨降って地固まるのことわざもあるように、

ある程度の期間(平地で5年、傾斜地で10年)は、寝かせておくべき、

これが、常識です。

 

買ってはいけない土地

盛土の擁壁の鉄筋が細く見えたのは気のせい?

 

何故?そっち?

そりゃあ、住宅地に空きがなくて、ここしか土地がない!

っていうのなら、まだ話はわかります。

でも、このあたりは、ン十年も前に造成した空き地がまだ、半分以上残っているんです。

なのに、

敢えて、新しい造成地を選ぶのは、何故でしょうか?

(金額かしら?)

 

山を切り崩した、つけ?

事実、小さな雑木林や丘を切り崩したばかりの場所では、

大雨の時、道路に土は流れ出す、水はじゃあじゃあ出てくる

そんな状況が起きています。

 

もちろん、家が浸水するとか、土砂崩れが起きるとかの危険はない場所なので、

命の危険は少ないと思います。

でも、

  • 土地が沈む
  • めちゃくちゃ湿気る

などのデメリットがあることは間違いないので、

普通の家以上に、慎重にいろんな対策をしておくべきだと思います。

(私なら、買わないけど)

 

まとめ

このように、たとえ、土地を買う時であっても、

家を建てているプロの意見を聞くことは、とても大事なことなのですが、

皆が皆、本当のことを言ってくれるとは限らない・・・

というのが、難しいところです。

受注欲しさに、「大丈夫です!ちゃんとやりますから!」

そういう営業マンも多いですからね。

ぜひ、お気をつけください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました