築40年以上の古家の水道管交換は?

水道管交換 リフォーム・リノベーション

築40年以上の家ともなれば、

水道管は、まず、間違いなく鉄管が使われています。

なので、結論から言えば、

もしかしたら、水漏れする可能性もある・・・ということを、理解しておきましょう。

そのうえで、交換するか?どうか?については、状況に応じて考えていくのが良いと思います。

 

今回、お話している水道管とは、給水管のことです。

 

 

水道管はどこまで交換すべきか?

鉄管というのは、ある日、突然、大きく水漏れします。

最初は、小さな穴からちょろちょろと水が出ているだけですが、

水圧によって、ある日、突然、爆発したかのように水がダダ漏れ状態になります。

 

そこで、考え方は3つ。

  1. 最初から、全部、水道管をやり替える。
  2. 準備はしておくものの、今のところ兆候はないので、もう少し、様子を見る。
  3. 1と2のミックス。

 

そりゃあ、最初から、全部、水道管をやり替えてしまうのが一番です。

でも。

問題は、それだけの費用が出せるか?どうか?です。

 

また、2番のように、一応、準備はしておくと言ったって、

様子を見ているうちに、人って、つい、忘れちゃうんですよね。

 

だから、私がおススメするのは、3番のやり方です。

 

水道が漏れて困るのはどこか?

この時、考えるべきことは、どこの水道管が漏れたら困るのか?

という点です。

 

これは、言うまでもありません。

簡単には、たどり着けない場所にある水道管!

これが、漏れたら非常に困ります。

 

基本、水道管は目に見えない場所にあります。

が、全部が全部、たどり着けないわけではありません。

実際、

場所によっては、床をめくったり、地面を掘ったりすれば、

水道管までは、たどり着くことはできるのです。

 

むしろ、ここで一番問題になるのは、心理的要因の方です。

 

古い部分は仕方ない。でも・・・

たとえば、

どこかで水漏れが発生しても、

古い状態のまま、手つかずならば、

床をめくるにしても、地面を掘るにしても、

それほどの抵抗感はないはずです。

これを、きっかけにして、ついでにリフォームすればいいわけですから。

でも。

すでに、リフォームやdiyをしちゃってる!とすれば、

せっかく完成したものを、また、壊すなんて、絶対にイヤ!!ですよね?

 

つまり、ここがポイントなんです。

もし、水道管を古いままにしておいたら、二度手間になるかもしれない。

そういう場所は、優先的に直します。

一方、万が一、水漏れしたとしても、直す手段がある!場合は、

様子を見ても大丈夫・・・というわけです。

 

水道管交換

表に出ている水道管はラクだよね

 

最近の水道管のお話

ただし、最近は、昔の鉄管をそのまま利用してリフォームする職人は、まずいません。

なぜなら、鉄管だと、長さを合わせたり、ネジを切ったりしないといけないので、

とても面倒だからです。

おそらく、多くの職人が、耐久性も良く、簡単に曲がるポリエチレン管を使っているはず。

 

だから。

リフォームする箇所については、水道管の心配をする必要はないんです。

ただ、水道管がどこで、どうつながっているのか?

という全体像は、確認をして、把握しておく必要があります。

 

まとめ

たとえば、スケルトンリフォームや、

水回りの位置をごっそり変えてしまうようなリフォームなら、

古い水道管を撤去し、新しく水道管を引き直すといった方法をとることが多いので、

屋内の水道管については、心配する必要はありません。

が、

部分リフォームを行う場合や、

屋外はそのまま・・・という場合には、

何も知らない!全部、業者におまかせ!

ではなく、

最低でも、水道管の全体像ぐらいは把握しておきましょう。

 

水道関係は、漏れがわかった時点で、多くの人がパニックになります。

そして、そのパニックに乗じて、ぼったくる卑怯な輩も少なくありません。

水は生活の基本ですからね。

 

ぼったくられないというのは、中古に住む上で、とても大事なことです。
なぜなら、こんなに余分に費用がかかった!と思えば、「だから、中古なんて・・・」とその家をどんどん嫌いになっていくからです。
これは、不幸としか言いようがありません。
そうじゃない。
家よりも、悪いのはぼったくった人間の方です。

 

おまけ 水道管から見る古い家の利点

今、私は、築40年どころか、もっともっと古い家を探しています。

その中で、つばをつけているのは、

水回りと呼べる場所が、ほとんどないような家です。

 

なぜか?

それは、中途半端に水回りがある方が、いろいろ面倒だからです。

  • まず、解体しなきゃならない。
  • 水道管も交換しなきゃならない。

これは、時間も手間もお金もかかります。

でも、最初から、なければ、新しく作るだけ。

水道管も新しく引くだけです。

 

というわけで、大きな秘密をお教えしましょう。

すぐ使える水回りがある=必ずしもメリットではない!のです。

くれぐれも、言いますよ。

これ、内緒です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました