システムバスの選び方。一番は掃除のしやすさだと思う。

システムバスのチェックポイント暮らしてみて不便なコト

システムバスというのは、日本のお風呂を劇的に変えました。

昔からあるタイルのお風呂とシステムバス。

一番の違いは、なんと言っても!水漏れするか?しないか?です。

 

タイルの場合は、目地から水が少しずつ漏れていき、構造材等が腐っていました。

一方、システムバスの場合には、よほどの施工不良がない限り、水漏れはゼロ。

つまり、構造材が腐るなんてことは、なくなりました。

 

ところが、この水漏れをしないというメリットこそが、

システムバスの最大の難点となっていきます。

だって、お風呂って湿気があって、暖かい。

皮脂汚れや石鹸カスもある。

さらに!水漏れもしない密閉空間。

そりゃあ。カビ、生えまくりです。

 

 

スポンサーリンク

システムバスの選び方

だからこそ、私たちは、カビを予防するために、

掃除もするし、換気もよくするし、

毎日、毎日、頑張っています。

でも。

カビは至るところに生えるもの。

 

そう!現実は、ショールームとは違います。

住んでから、しまった!って思わないためにも、

システムバスの掃除のしやすさは、とても大事。

だって、最低でも365日×20年は、ずっとそのお風呂に入るのですから。

 

システムバスの目地に注意

タイル貼りのお風呂と比べれば、

システムバスの目地はかなり少ないです。

が、量の問題ではありません。

なにしろ、目地ってやつは、カビが生えやすい場所なんです。

 

一般的に、システムバスの場合は、

  • 壁パネルのジョイント部分
  • 壁と浴槽が接する部分
  • 壁と床が接する部分
  • サッシ周り

こういう部分が目地にあたります。

 

お風呂では水をジャバジャバ使います。

だから、目地からの水漏れを防ぐためには、

目地をコーキング材でふたをしなければなりません。

もちろん、使っているのは、防カビのコーキング材なのですが、

v子は、その効果を実感したことは、ほとんどありません。

 

そのためでしょうね。

最近のシステムバスは、そうした目地をできるだけ減らす工夫をしています。

ぜひ、各メーカーで確認してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

ありとあらゆる場所にカビは生える

システムバス自体の目地は、構造上のことでもあり、

メーカー側もいろいろ、工夫してくれています。

ただ、カビというのは、ありとあらゆる場所に生えるものです。

 

システムバス購入時に、意外に気づかないのが、

システムバス内に取り付けてもらう付属品との隙間です。

 

ショールームでは、

  • わぁ、この鏡がいい。
  • この棚、便利そう。

なんて言いながら、次々と決めていくでしょう?

 

でも。最近、つくづく!

棚と鏡なんて、つけなきゃ良かったと思います。

なぜなら、

鏡や棚って、システムバスと一体にはなっていないんです。

あくまでも、現場で後付けするものです。

つまり。

システムバス本体とそれら付属品の間には、微妙な隙間があるんです。

 

これがね~。

使っている間に、しっかり、カビるわけです。

カビなくても、ホコリが溜まったりする。

まさか!

と思うでしょ?

まさかが起きるのが、現実のシステムバスです。

 

システムバスのチェックポイント

掃除のしやすさを考えるなら、ここもチェック!

まとめ

システムバスを掃除して20年。(タカラスタンダードを使用)

8割は、システムバスに対しての不満はありません。

水漏れはしないし、

壁も床も浴槽も、それなりに綺麗です。

 

ただ。

一つ言えるのは、掃除のしやすさを第一に考えるべきだったなぁと。

そもそも、鏡も棚もなくても困らなかったのに・・・。

何故?取りつけちゃったんだろう?と。

 

多分。

それが、当たり前だったんですよね。

システムバスには、鏡があって、棚があって、タオル掛けがあって・・・

自分が使うかどうか?なんて、考えもしなかったんでしょうね。

でもね。

システムバスだけじゃなく、お風呂掃除する人自身も、確実に年を取りますからね。

ぜひ。一考してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました