失敗しないマイホーム購入のタイミングは?

失敗しないマイホーム購入のタイミングマイホーム購入のポイント

※この記事にはプロモーションが含まれています。

マイホームを購入する動機は、やはり、

「子供や家族のためにマイホームを持ちたい」

これが、一番です。

そのため、

  • 子供が学校へ上がった
  • 家族のライフスタイルに変化が起きた

などのタイミングでマイホーム購入を考えることが多くなります。

 

ただ、今回のコロナショックにより、

  • 今までと同じタイミングで、マイホームを購入しても大丈夫?
  • マイホームは欲しいけれど、将来が不安・・・・

そんな想いは、今まで以上に大きくなったのではないでしょうか?

でも、だからと言って、このまま賃貸に住み続けるのも不安なはず。

そこで、

  • どうすれば、マイホーム購入のベストタイミングを見つけられるのか?
  • どうすれば、マイホーム購入への不安は取り除けるのか?

その解決策をお話しします。

大事なのは、あなた自身のタイミング

本来、マイホーム購入というのは、

人生において、とても大きなイベントなので、

一般的なタイミングに惑わされることなく、

あなた自身のベストタイミングを見つけることが、何より大切です。

 

とは言え、誰だって、マイホームには憧れています。

そのため、モデルハウスや完成見学会などに行ってしまうと、

ついつい、その場の雰囲気に流されてしまうんです。

でも、そうした雰囲気に流されたおかげで、

結果的に、いろんな不安を背負いこんでしまった人も少なくありません。

 

そこで!

おススメしたいのが、

マイホーム購入のベストタイミングを見つけるための、正しい準備です。

 

マイホーム購入に失敗する原因は?

マイホーム購入の正しい準備を行うには、

そもそも、なぜ?マイホーム購入で失敗するのか?

この原因を知ることが必要です。

 

ちょっと、想像してみてください。

マイホーム購入を考え始めた時、

最初に会う(相談する)のは、誰でしょうか?

おそらく、ほとんどの人が、

  • 不動産屋
  • 工務店、ハウスメーカー

なんじゃないでしょうか?

 

もちろん、どの不動産屋も、工務店もハウスメーカーも、

信頼できる人達だと思います。

が、ポイントはココです。

  • 不動産屋は、家を売るのが仕事。
  • 工務店やハウスメーカーは家を建てるのが仕事。

なんです。

確かに、今は、

ワンストップサービス(一カ所ですべてを済ませられる)という考え方が主流になってきており、不動産屋も工務店やハウスメーカーも、マイホームの返済計画まで立ててくれます。

でも、彼らの最終目的は、あくまでも、家を売り、家を建てることの方です。

 

一方、あなた自身はどうでしょう?

目の前の目的は確かに、家を買い、家を建てることですが、

これから先も、あなたのご家族が、幸せに暮らしていけること。

ここが、大前提のはずです。

 

つまり、この大前提がある限り、

あなたには、絶対に譲ってはいけない部分があるはずなんです。

 

失敗しないマイホーム購入のタイミング

一番に来るべきは、家計管理

では、その、絶対に譲れないこととは何でしょうか?

言うまでもありません。

それは、あなたのご家庭の家計管理です。

 

普通、マイホームを「現金」で買える人は、そうそう、いません。

だから、多くの人が、住宅ローンという借金をします。

でも、ほとんどの人が、

この借金が払えるか?どうか?

という部分だけを切り取って、判断しています。

でも、それはある意味、現実逃避と同じです。

そうじゃなく、

その借金を抱えても、本当にあなたの家計は大丈夫か?

という現実的な計算が絶対に!必要なのです。

 

借金が払えるか?どうか?だけでは何故?ダメなの?

v子
v子

借金が払える!と思う人の多くは、現在の月額だけを見て判断しています。住宅ローンの借り入れ期間は長いので、全期間を通して判断する必要があるんです。

期間って35年とかですよね?もちろん、わかっているつもりですけど。

v子
v子

いえ。これは、ちょうど20代の人が60代の人の気持ちがわからないのと似ています。35年もの間には、多分、今は想像できないことが、たくさん待っています。事実、今回のコロナだって、その一つです。

 

モデルハウスや見学会に行く前にやるべきこと

つまり、こういうことです。

モデルハウスや見学会に行く前に、

あなた自身の家計の把握は、絶対にやっておくべきなんです。

 

「このローン金額なら、なんとなく払えそう」という、ご自身の感覚に頼るのではなく、

あなたの家計、全部ひっくるめて、明確に数字で表してもらうことです。

そのためには、やはり、

お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するべきでしょう。

 

そうすることで、

  • あなた自身のマイホームの予算が明確にわかり、
  • 結果的に、あなた自身のマイホーム購入のベストタイミングもわかります。

 

ちなみに、私がおススメするのは、下記のサイトです。

(広告)

上記のサイトをおすすめする理由は2つ。

モデルハウスや見学会に行く前に!FP相談は行うべきなんだ!

ということがわかっても、

  • FPのオフィスを見つけるのが大変
  • オフィスが見つかっても、気軽に相談できるのか不安

で、結局は行動できずに終わってしまうことが多いからです。

 

でも、上記のサイトであれば、

  • 相談できるFP事務所は全国に114カ所あるため、近くのFP事務所を探しやすい(2020年5月現在)
  • マイホーム購入のためのFP相談に特化しているので、いちいち説明しなくて良い
  • しかも、無料で相談できる

ので、FP相談を気軽に申し込むことができます。

 

FP相談は何が良いの?

FP相談の一番のメリットは、

なんといっても、

あなた自身のマイホーム予算が明確になることです。

 

基本、FP相談では、

  • ライフプランの作成
  • キャッシュフローシュミレーション

を行いますが、

この二つは、マイホーム購入前に作成してもらうと、

非常に!役に立ちます。

 

もちろん、シュミレーションはあくまでも仮定。

現実とは違います。

誰も、将来のことなど、はっきりと見通せはしません。

でも、それでも、

  • マイホームを購入すると、どんな費用が発生するのか?
  • そして、それはいつ発生するのか?
  • マイホーム以外の出費は重ならないだろうか?などなど

マイホーム購入前に知っておくべきことは、たくさんあります。

さらには、マイホーム購入後に起きるであろう

  • 住宅ローンの支払いの見直し
  • 損害保険の更新
  • 修繕積立金の準備など

拾い上げればキリがありません。

これらを、すべて拾い上げ、

マイホームの予算や資金について、厳しいこともきちん進言してくれるのは、

やはり公平な立場のFPしかいないんです。

 

FP相談を行ってくれる不動産屋、工務店などもありますよね?それでは、ダメなんでしょうか?

v子
v子

そうですね。FP相談は、どこの紹介であろうと役に立つと思います。FP資格を持つ方は、公平さを保つよう努力はされていると思いますし。ただ、いつも一緒に仕事をする不動産屋、工務店側からの依頼となると、そこに見えない力が加わる可能性も、否定できないなぁと。

無理やり、買わせるとか?ですか?

v子
v子

いや、まさか!そんなことはないでしょう(笑)。ただ、微妙にニュアンスは変わる気がしますね。

v子
v子

実は、私自身、15年以上も前に、FPの資格は取ったんです。というのも、この業界にはFPの考え方が、絶対に必要だ!そう肌で感じたからです。

じゃあ、v子さんもFP相談、やってらっしゃるんですか?

v子
v子

いいえ。FPの資格はすぐに封印してしまいました。なぜなら、家を作る工務店とFPの発想は、利益相反になる気がしたからです。それぐらい、FP相談には公平性、透明性が求められると私は思っています。

すごく、シビアですね。

v子
v子

マイホーム購入は、ある意味、人生を賭けるお買い物です。それぐらいでちょうど良いと思います。

FP相談にデメリットはないの?

ただし、いいことづくめに見えるFP相談にも、たった一つ、デメリットがあります。

それは、FPと言うのは、お金のプロではありますが、

家の専門家ではありません。

そのため、

「夢のマイホーム」が、お金のあるなしだけで消えてしまう

可能性があるんです。

 

たとえば、FP相談によって、

「マイホームの予算は、700万が限度だ。」

となったとしましょう。

そう宣言されたら、あなたなら、どうしますか?

  • 仕方がないと、マイホームをあきらめますか?
  • それとも、家族に「働け~!もっと働け~!」とムチ打ちますか?

正直、どちらもイヤですよね?

そこで、大切になってくるのが、プロの不動産屋と工務店の存在です。

 

不動産屋なら、もしかして、破格の物件を知っているかもしれません。

工務店なら、ボロ物件でも、夢の家に変えてくれる術をもっているかもしれません。

 

つまり、

  • FPにとっての700万。
  • 不動産屋にとっての700万。
  • 工務店にとっての700万。

同じ700万であっても、それぞれの立場や視点によって、

その金額が持つ可能性は、大きく変わってくる!ということです。

 

もちろん、このことは、

  • どのFPに依頼するか?
  • どの不動産屋に依頼するか?
  • どの工務店に依頼するか?

によっても、変わってくるはずです。

 

それを理解した上で、

FP相談と向き合いましょう。

間違えないで欲しいのは、

FP相談がいくら役立つからと言って、

最初に相談したFPの意見だけで、マイホーム購入を決めたり、あきらめたりしないことです。

 

マイホーム購入においては、

FPも不動産屋も工務店も、皆、あなたにとって大事な存在です。

が、それぞれに役割が違うのです。

マイホーム購入で大事なのは、

それぞれの立場の人の意見を、鵜呑みにせず取り入れることです。

いろんな立場の人の知恵を借りながら、

あなたにとって一番良い方法を、

あなた自身が、あなたのタイミングで下す。

これが、マイホーム購入のベスト選択です。

最後に

マイホーム購入を考え始めた時、

真っ先に行くのは、多分、モデルハウスか見学会だと思います。

でも、そこへ行くのは、もう少し後にしておきましょう。

 

最初に、やるべきことは、

マイホームのための正しい準備です。

その第一歩が、FP相談なのです。

 

FP相談で、本当の意味でのマイホーム予算を確認しましょう。

マイホーム予算が思ったより、低かったとしても、落ち込む必要はありません。

マイホームをあきらめる必要もありません。

その現実をしっかりと見据えたら、

不思議と、新しいアイディアが湧いてくるものです。

予算不足のおかげで、かえって、マイホームがスリム化し、

とても良いものになる可能性だってあります。

 

それよりも、怖いものにふたをして、イメージだけでマイホーム購入を決めてしまう。

その方が、後から、何倍もつらい思いをするはずです。

コロナを経験した今なら、その怖さがわかるはず。

まずは、自分の立ち位置をきちんと知ることから始めましょう。

あなただけのマイホーム。

ステップさえ間違えなければ、大丈夫です。

(広告)

コメント

タイトルとURLをコピーしました